ファクタリングのスピード審査はどこがオススメ?スピード審査はココ

 

ファクタリングはスピード審査が可能なのか?

ファクタリングはスピード審査が可能なのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

経営を行う上で、資金繰りが悪化するという状況は、
珍しいことではないでしょう。
では、資金を調達するとなれば、
どういった方法が思い浮かぶでしょうか?

 

  • 金融機関からの融資、借入
  • 助成金、補助金
  • 事業者ローン

 

などが代表的だと思いますが、
最近では、クラウドファンディングによる資金調達も、
注目され、広まってきています。

 

金融機関からの融資や事業者ローンは、
当然お金を借りていますから、期日までに返済をしなければなりません。

 

一方ファクタリングはというと、
売掛債権の買い取り(譲渡)ですので、
お金を借りているわけではなく、返済の義務はありません。
これが、上記3つの資金調達方法と、大きくことなる点です。

 

 

ファクタリングとは…

 

“他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。”

Wikipediaより引用

 

企業が保有している未回収の売掛債権を、
ファクタリング会社に買い取ってもらい、
決済日よりも前に資金化するサービスのことです。

 

企業間の取引では、掛取引が一般的であるため、
いくら高額な取引であったとしても、すぐに入金されるわけではないですから、
その間に、資金繰りに困ってしまう企業も多くあります。

 

そのような時に、無担保・無保証人で資金化できる、
ファクタリングが役に立ちます。

 

 

ファクタリング最大のメリットは、スピード審査で早期資金化

ファクタリングは、融資や借入などの借金とは違い、
売掛債権を買い取ってもらい(譲渡)、資金化することだと言いましたが、
ファクタリング最大のメリットであり、融資や借入との相違点と言えば、
資金を調達するまでの日数です。

 

金融機関からの融資、借入、
補助金や助成金となれば、申請してから資金を調達するまで、
長いもので、1~2ヶ月掛かることもあります。

 

ファクタリングであれば、本来の決済日よりも前に、
最短即日で、売掛債権を資金化することができます。

 

 

なぜ、そんなに早く資金化することが可能なのでしょうか?

 

 

ファクタリングの審査は、そもそも銀行融資の審査と違う

ファクタリングの審査内容は、融資審査と大きく異なります。

 

銀行融資の審査の場合、
財務状況や資金使途、担保や保証人、返済の見通しなど、
チェックされるところが多々あります。

 

ファクタリングの審査の場合、
簡単なヒアリングと、必要書類の提出で審査となり、
審査対象は、基本的に売掛先企業(取引先)になります。

 

企業の与信度に始まり、過去の入金履歴などから、
未回収のリスクは無いか、二重譲渡ではないか、
などの確認が行われます。

 

 

ファクタリングの審査では、何を見ている?

 

ファクタリング業者の公式HPで、

 

  • 赤字決算でもOK
  • 最短即日契約
  • 税金滞納中でもOK
  • 銀行融資を断られていてもOK

 

などと、魅力的な言葉が並んでいます。

 

これらの言葉から、ファクタリングは審査が甘い、審査に通りやすい
と思われる方も、多くいらっしゃいます。

 

しかし、本当に審査は甘いのでしょうか?

 

ファクタリングの審査では、何を見ているのか?
何を基準にしているのか?
詳しく見ていきましょう。

 

 

ファクタリングの審査ポイントとは?

ファクタリングの審査ポイント

  1. 売掛先企業の信用力
  2. 二重譲渡の危険性
  3. 売掛金の支払い期日
  4. 口座差し押さえの危険性
  5. 利用者の人柄

 

1つずつ詳しく解説してまいりましょう。

 

 

1.売掛先企業の信用力

ファクタリング会社にとって、一番心配なことは、
売掛先が、倒産などで債務不履行に陥った場合、
買取金額を回収できなくなることです。

 

ですので、売掛先企業の信用力というのは、
一番見られるところであり、
過去に遅延や滞納なく入金されていたか?
などを見られます。

 

仮に売掛先が小規模事業者であったとしても、
売掛金がしっかり入金されていれば、
審査に通る確率も上がります。

 

 

2.二重譲渡の危険性

未回収のリスクに加え、ファクタリング会社は、
買い取る債権が二重譲渡ではないか?
ということも、非常に気にしているところです。

 

二重譲渡は、1つの債権を、数社に譲渡することですが、
これは詐欺罪にあたるため、絶対にやってはいけません。

 

また、二重譲渡だけではなく、
架空の請求書や、通帳やその他の書類の偽装を行うことも、
詐欺罪にあたりますので、絶対に行ってはいけません。

 

3.売掛金の支払い期日

ファクタリング会社は、売掛金の入金がなされ、
買取金額を回収できるか、ということを気にしていると、
先程も説明しましたが、
契約した日から、売掛金の入金がなされるまでの期間が短ければ、
その分、ファクタリング会社にとってのリスクは、低くなります。

 

もし、保有している売掛債権が複数社あるならば、
支払期日までの期間が短い債権で、
契約することをお勧めします。

 

4.口座差し押さえの危険性

ファクタリングは、融資とは違うため、
税金の滞納があっても、利用できる可能性があります。

 

税金の滞納期間、滞納額などによって、
契約できるかどうか変わってきますが、
多少の滞納であれば、穏便に対処してくれます。

 

ですが、ファクタリングを利用する会社の口座に売掛金が入金され、
それを税務署から差し押さえられた、というリスクもゼロではありませんので、
あまりに滞納期間が長かったり、額も多くなれば、審査に通る確率は、
低くなります。

 

5.利用者の人柄

これは、ファクタリング、融資に関わらず見られるところです。

 

いくら信用力のある企業の売掛債権を保有していても、
結局は人と人との信頼関係で成り立つものですので、
信頼できるかどうか、見極められます。

 

ファクタリング会社が気にしているところを知っていれば、
面談でも臆することなく対応できますし、
手数料などの条件も、有利に進めることができるでしょう。

 

⇒事業資金ランキングはこちら

ファクタリングのスピード審査を可能にするためには?

ファクタリングのスピード審査では、最短即日での資金調達が可能なファクタリングですが、
それを可能にするために、いくつか注意したい点があります。

 

  1. 申し込む日時
  2. 書類の準備状況
  3. 2社間ファクタリング
  4. 売掛金の額

 

こちらも1つずつ解説を添えてまいります。

 

1.申し込む日時

土曜も営業しているファクタリング会社もありますが、
多くは、土日祝日が休業日となっており、
買取金額の入金は、銀行振込で対応となります。
即日で資金化したい場合、
銀行は15時までの営業ですので、銀行が閉まる前に
審査が完了しなければなりません。

 

これらを考えると、金曜日の申し込みは避けるべきですが、
とは言え、急な出費はいつやってくるかは分かりません。
申し込みは、できるなら午前中に行うのが、望ましいと言えます。

 

 

2.書類の準備状況

申し込みを行う日時の他、書類の準備状況によっても、
即日で資金化できるかどうかに、大きく関わってきます。
ファクタリングの利用を検討している方は、
以下の、必要となる主な書類をご参考ください。

 

『ファクタリングの主な必要書類』

  • 身分証明書
  • 登記簿謄本
  • 決算書2~3期分
  • 通帳コピー
  • 印鑑証明書
  • 取引基本契約書
  • 納品書、請求書、発注書など

 

審査内容や状況によっては、
追加で書類の提出を求められることもありますが、
書類の提出が出来ない場合、審査に通る確率は、
どんどん低くなっていきます。

 

書類提出を求められた際は、なるべく速やかに応じるようにしましょう。

 

 

3.2社間ファクタリング

ファクタリングの種類によっても、
審査スピードは異なってきます。

 

2社間ファクタリングは、
ファクタリング会社、ファクタリング利用会社の2社間で取引され、
ファクタリングの利用を、取引先に知られることなく契約することができます。

 

3社間ファクタリングは、
ファクタリング会社、ファクタリング利用会社、売掛先(取引先)の3社間で取引され、
売掛先に、ファクタリングを利用する(売掛債権を譲渡する)旨の通知が行きます。
その通知に対し、売掛先が承諾してから審査となるため、
2社間ファクタリングよりも、審査~入金までに、時間を取られることになります。

 

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングよりも手数料が高い、
というデメリットはあるものの、スピードを重視したい方には、
やはり2社間ファクタリングが望ましいと言えます。

 

 

4.売掛金の額

大口での契約となれば、ファクタリング会社もより慎重に審査することになるため、
売掛金があまりにも高額だと、最短即日を実現することは、難しくなります。

 

1000万円以下を目安にすると良いでしょう。

 

以上4つのポイントの他に、
支払遅延となっている売掛金は、取引対象外としているファクタリング会社が多いですし、
可能であったとしても、審査に時間がかかるため、
不良債権は避けるようにしましょう。

 

⇒事業資金ランキングはこちら

ファクタリングスピード審査につけこんだ、最短即日の罠、悪徳業者

ファクタリングのスピード審査を求める急きょ資金が必要となった企業にとって、

最短即日で契約できるファクタリングは、まさに救世主と言えるでしょう。

 

しかし、場合によってはファクタリング業者から、足元を見られるということも否定できず、
手数料を上げるなどして、利用者に不利な条件をつけてくることもあるため、
注意が必要です。

 

ファクタリング手数料の相場は、

2社間取引:10%~30%
3社間取引:2%~8%

となっていますが、
3社間取引が10%以下のところを、
10%以上の手数料を提示してくる、悪徳業者も、
残念ながら中には存在します。

 

急きょ資金が必要になった時、不利な条件にも関わらず、
最短即日に惹かれ、冷静な判断ができずに契約してしまう方は、
意外と多くいます。

 

しかし、高額な手数料は、余計に資金繰りを悪化させる原因にもなり得るため、
注意が必要です。

 

ファクタリングを利用する際は、いくら急いでいても、
複数社相見積もりをすることをおすすめします。

ファクタリングのスピード審査、最短即日入金が可能なファクタリング会社は?

ファクタリングのスピード審査で、最短即日入金が可能なファクタリング会社をご紹介します。

 

  1. 西日本ファクター
  2. https://事業資金.biz/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4
  3. MSFJ

 

 

西日本ファクターは、福岡県福岡市に本社を置き、
九州、中国、関西地方に特化した、地域密着型のファクタリング会社です。

 

トラストゲートウェイは、西日本ファクターと同じく、
福岡県福岡市に本社を置き、
九州、関西地方のサポーター企業となっています。

 

取引は九州、関西地方の企業に限定しているのではなく、
取引事例を見てみると、中国地方の企業の利用も
多いことが分かります。

 

大手ファクタリング業者と言えば、その多くが都内に本社を構えているため、
地方企業がファクタリングを利用するとなると、出張費や時間がかかるというデメリットがあり、
最短即日というメリットを享受することができません。

 

そういった意味で、九州・中国・関西地方の事業主の方に、
西日本ファクターとトラストゲートウェイは、
オススメしたいファクタリング会社です。

 

 

MSFJ株式会社は、ファクタリング業務の他に、
建築・建設業向け斡旋サービス及びコンサルティング業務も行っています。

 

もともとは、斡旋サービス・コンサルティング業務から、事業をスタートさせています。

 

ファクタリングの利用は、一般的に支払いサイトが長いと言われる
建設業者に特に有用ですが、MSFJでは、建築・建設業向け斡旋サービス、
コンサルティング業務を行っていることから、特に、建設業の方にはオススメです。
もちろん、他の業種の方にもオススメできます。

 

最短即日はもちろん、最大300万円までのクイックファクタリング、
最大5000万円までのプレミアムファクタリングの2種類があり、
希望する資金調達額に合わせて、利用することが可能です。

 

 

以下のサイトでは、特徴やメリット、注意点やデメリットの他、
評判や口コミにも触れ、詳しく解説していますので、ご覧ください。

 

また、公式HPでは、実際に利用された方の事例が掲載されており、
業種、買取額、契約実行日数なども記載されているため、
同じ業種で、同等の金額を調達希望の方は、参考になるでしょう。

 

 

⇒事業資金ランキングはこちら

トップへ戻る