個人事業主も利用可能なファクタリングまとめ-個人事業主の方はココ

数少ない個人事業主も利用可能なファクタリングをまとめてみました。
個人事業主の方でファクタリングを必要としている方は必見です!

 

 

個人事業主でも利用可能なファクタリングまとめ

個人事業主でも利用可能なファクタリングを解説する前に、
このページをご覧になっているということは、
あなたは個人事業主で、個人事業主でも利用できる
ファクタリング会社を探しているのではないでしょうか?

 

評判の良さそうなファクタリング会社を見つけ、
いざ申し込んでみると、
法人のみの取り扱いだからと門前払いされた、
という方もいらっしゃるでしょう。

 

保有している売掛金の額が少額、
融資を受けている時間はないし、
そもそも審査に通るか微妙、
このような状況かもしれません。

 

こちらのページでは、
なぜ個人事業主の利用OKとしている
ファクタリング業者が少ないのか?
個人事業主がファクタリングを利用する際のポイント、
個人事業主でも利用可能な業者を紹介していますので、
ぜひ最後までご覧ください。

 

⇒事業資金ランキングはこちら

ファクタリングでは、なぜ個人事業主の利用可としている業者が少ないのか?

ファクタリングでは、なぜ個人事業主の利用可としている業者は、少ないのでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう。

 

  1. 法人に比べ、信用度が低い
  2. 売掛債権の信用度が低い
  3. 売掛金の金額が少ない

 

一般的に、上記3つの理由が挙げられます。

 

個人事業主は、法人に比べて信用度が低いということは、
よく言われることがですが、では、なぜ信用度が低いのでしょうか?

 

法人であれば、顧問税理士と提携していることが一般的ですが、
個人事業主であれば、自身で白色申告もしくは青色申告を行うため、
多くの方は、税理士に依頼することはないでしょう。

 

このため、税理士という専門家のチェックが入ることがないため、
帳簿に虚偽があることも、否定できません。

 

制度上、法人は事業資金を個人で使えないようになっていますし、
個人事業主よりも税務申告は煩雑で、資産状況は明確になるなど、
制度上の理由で、個人事業主は法人よりも、
信用度が低いと言われています。

 

 

ファクタリング業者からしてみれば、
数十万円の少額取引を行うよりも、数百万、数千万の取引を行う方が、
効率よく利益が発生するということは、お分かりかと思います。

 

また、ファクタリング業者は、毎月安定した取引を行っている企業に対する
売掛債権を買い取りたいため、
突発的な取引で安定していなかったり、
支払いサイトが長く、おまけに取引先が零細企業などの場合、
決済日までに債務状況の悪化、倒産といった最悪の事態も考えられ、
リスクが高くなるため、個人事業主の利用を断る業者が多いのです。

 

 

そうすると、やはり個人事業主は利用できないのか?
ということになってしまいますが、そうではありません。

 

ファクタリングを利用できる個人事業主とは?

では、ファクタリングを利用できる個人事業主とは、
一体どのような事業主なのでしょうか。

 

一言で簡単に言ってしまえば、しっかりした個人事業主ということになります。

 

しっかりした、というのは、
人として信頼できるという理由だけではなく、
信頼できる企業と取引している、
帳簿や記帳をしっかり行い、経営管理がされている、
といったことです。

 

いくら個人事業主が、ファクタリングを利用しづらいとは言え、
売掛先企業が信頼でき、個人事業主の利用OKの業者であれば、
ちゃんと買い取ってくれるのです。

 

 

ファクタリング業者が買い取りたい売掛債権は、
安定した取引のある企業に対しての債権であり、
未回収のリスクが、極力低い債権です。

 

未回収のリスクが低い債権を持っているのは、
個人事業主であれば、開業医が挙げられます。

 

開業医など、病院が保有している債権は、
国保や社保になるため、それらが入金できません、ということは、
まず考えられません。
ですので、ファクタリング業者は、安心して買い取ることができますし、
実際に、診療報酬債権買い取りの手数料相場は、
1.5%~5%と、非常に安くなっています。

 

 

ですが、ファクタリングを利用したい事業主は、
医療関係者だけではありません。

 

他の業種の個人事業主が、ファクタリングを利用したい場合、
どういったことに気をつければよいのでしょうか?

 

 

個人事業主がファクタリングを利用するために、抑えておくべきポイント

個人事業主がファクタリングを利用するために、
いくつか抑えておくべきポイントがあります。

  1. 顧問税理士と提携する
  2. 税金の滞納をなくす
  3. 記帳を行う、取引に関わる資料を保管する
  4. 複数のファクタリング業者に相談する

 

法人であれば、顧問税理士と提携していることは一般的ですが、
個人事業主の方で、税理士とお付き合いのある方は、
そう多くはないでしょう。

 

ファクタリング業者は、ファクタリング利用会社が税理士と提携している場合、
取引に積極的になることがありますし、
仮に、ファクタリングの利用がどうしても出来ない場合、
他の資金調達法を提案してくれるでしょう。

 

税理士と関わりを持っておいて、損することはありませんので、
顧問税理士と提携しておくことを、強くお勧めします。

 

 

ファクタリングを行うには、必要書類の提出が不可欠ですが、
その中には、発注書や請求書、納品書などの成因資料も含まれます。
取引をしたという証明をするためにも、取引に関わる資料は必ず保管し、
取引先も信頼できる会社だと証明するために、記帳は必ず行うようにしましょう。

 

また、1社に申し込んで断られたからと言って、
それで諦めてしまわずに、数社に相談してみることもよいでしょう。

 

ファクタリングで資金を調達するために、
『条件を譲歩する』ことを重要視している方もいますが、
あまりに条件を譲歩するということは、危険な場合もあります。
少額利用で手数料が高くなれば、資金繰りを改善させるどころか、
それが逆に資金繰り悪化を招く恐れもあるため、
冷静な判断をするよう心がけましょう。

 

 

また、個人事業主が利用できる業者は少ないからと、
足元を見られることもあります。

 

ファクタリング手数料相場は、
2社間取引で10%~30%
3社間取引で2%~8%
となっていますので、
相場を超える手数料を提示された場合は、
悪徳業者の可能性もあるため、
他に契約できるところはないから、と、
簡単に契約してはいけません。

ファクタリングの審査・面談時のポイントや注意点について

ファクタリングの審査・面談時にも、ポイントや注意点があります。

 

先述したように、ファクタリング業者は、
未回収のリスクを背負いたくありません。

 

売掛先企業が、倒産して債務不履行となり、
買取代金を回収できなくなることを、
一番恐れています。

 

この他にも、二重譲渡の危険性など、
ファクタリング会社が気にしていることはありますが、
ここでは、事業主の人柄に焦点を当てて
お話したいと思います。

 

国や公共事業と取引があり、
入金に関しては極めて安定的で、
未回収となるリスクはまずない、としても、
事業主が信頼できるような人でなければ、
ファクタリング会社は、取引したいとは思いません。

 

ファクタリングの審査でも、融資審査でも、
人柄は大きく影響します。

 

 

ファクタリング業界では、
二重譲渡や、架空の請求書、
書類の偽装など、
ファクタリング会社側が詐欺に遭う事件も発生しているため、
事業主の人間性は、神経質になって見ているところです。

 

結局、人と人との関わりは、信頼関係で成り立つものですから、
誠実さをアピールしなければなりません。

 

 

相手は審査のプロですから、
そもそもファクタリングを利用する、という時点で、
資金繰りが上手くいってない、
経営が行き詰まっているということは、
百も承知ですし、
提出された書類を見て、あなたの会社の現状は、
簡単に把握できてしまいます。

 

あなたの会社の概要や経営状況など、
質問されたことには、正直に答えるようにしましょう。

 

また、社会人として当然ですが、
ラフな服装は避け、スーツ着用で面談に望むようにしましょう。

個人事業主も利用OK、オススメのファクタリング会社

個人事業主も利用OKの、オススメのファクタリング会社をご紹介します。

 

  1. ファクタリング東京
  2. MSFJ
  3. 西日本ファクター
  4. トラストゲートウェイ

 

 

それでは1つずつ解説を添えてまいります。

 

 

1.ファクタリング東京

ファクタリング東京は、東京都中央区に本社を構えるファクタリング業者で、
最低取り扱い金額は、なんと10万円という少額から取り扱っているため、
個人事業主にも利用しやすい、ファクタリング業者です。

 

買取不可となる債権は、清算までの日数が50日を超えるもの
となりますが、数日オーバーするものは、相談にのってくれます。

 

ファクタリング東京では、ファクタリング業務の他、
建築資材の買取やトラックの買取も行っており、
ファクタリング以外でも資金化できるよう、
提案を行ってくれます。

 

地方に支店は無く、東京本社のみとなるため、
地方企業の場合、出張対応となります。
ですので、関東圏の個人事業主の方に、
オススメできるファクタリング会社です。

 

ファクタリング東京の詳細は、こちらをご覧ください。
特徴やメリット、注意点やデメリットのほか、
評判や口コミなどをご紹介しています。
ファクタリング東京の詳細はこちら

 

 

2.MSFJ株式会社

MSFJ株式会社は、こちらも都内のファクタリング業者で、
東京都豊島区に本社を構えています。

 

ファクタリングサービスの他、
建築・建設業向け斡旋サービス及びコンサルティング業務も行っており、
利用者も、建設関係の方が多くなっています。

 

決して、建設業専門ではありませんので、ご安心ください。

 

MSFJ株式会社では、
限度額が最大100万円までの『クイックファクタリング』
限度額最大5000万円までの『プレミアムファクタリング』
とあり、希望金額に合わせて、サービスを選ぶことができます。

 

MSFJ株式会社も、関東圏の方にオススメしたいファクタリング会社です。

 

MSFJ株式会社の詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

3.西日本ファクター

西日本ファクターは、福岡県福岡市に本社を置き、
九州、中国、関西地方に特化した、地域密着型の
ファクタリング会社です。

 

ファクタリング会社の多くは、土日祝日が休業日となっていますが、
西日本ファクターでは、土曜も営業しているため、
週明けまでに資金を用意しなければならない方に、
嬉しいサービスとなっています。

 

利用額は30万円~となっていますので、
個人事業主、小規模事業主の、
心強い味方になってくれます。

 

また、大手ファクタリング業者では、
ほとんどが都内に本社を構え、
地方に支店を置いている業者は、そう多くはありません。

 

個人事業主や、新規契約の方に限らず、
都内の業者から乗り換えを考えている
九州、関西、中国地方の事業主の方にも
オススメのファクタリング業者です。

 

西日本ファクターの詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

4.トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは、西日本ファクターと同じく、
福岡県福岡市に本社を構える、ファクタリング業者です。

 

買取金額は50万円~と、
4社の中で、最低取り扱い金額が高くなっていますが、
他社では見られない、
新規契約者3万円キャッシュバックキャンペーンを
行っています。

 

トラストゲートウェイの公式HPでは、
「無料診断ツール」もありますので、
どのくらいの額が調達可能なのか、
診断してみてはいかがでしょうか?

 

トラストゲートウェイの詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

個人事業主がどうしてもファクタリングを利用できない場合はどうするか?

個人事業主が、どうしてもファクタリングを利用できない場合は、
違う方法を考えなくてはなりません。

 

一つに、法人化するという方法があります。

 

法人化にも、株式会社の他、
合同会社や合資会社などがあり、
法人化するにも、確かに手間は掛かります。

 

ですが、節税や信頼度アップなどはもちろん、
ファクタリングが利用しやすくなりますので、
この機会に、法人化を考えてみるのも良いでしょう。

 

個人事業主がファクタリングを利用するために、抑えておくべきポイント
という項目でもお伝えしたように、
資金調達のプロである、税理士に相談するということは、
可能であれば、是非とも行っていただきたいです。

 

第三者を介入させ、自社の財務状況や経営管理を
しっかり行い、プロの意見を反映させることで、
資金繰りを改善させることも可能です。

 

何度かお伝えした通り、
1社申し込んでみて、断られたからと言って諦めず、
複数社申し込むようにしましょう。

 

資金繰りが上手くいっていないと、
冷静な判断はしづらくなり、
通常なら問題なく対処できることも、
誤った対応をしてしまうことがあります。

 

慌てても状況は変わりませんので、
冷静な対応・判断を心がけるようにしてください。

 

⇒事業資金ランキングはこちら

 

トップへ戻る